日本の占い、おみくじの歴史とは?

古来から日本国内で親しまれている御神籤は占いの一種ですが、どのような歴史があるのか知っていますか?

御神籤は中国から伝わった天竺霊籤がベースになっていて、平安時代に天台宗の元三大師という人が始めた元三大師百籤が御神籤の元祖であり、100種類の漢詩から吉凶を占う事ができました。

日本書紀にも有間皇子が吉凶を占ったという記載が残っており、江戸時代に当時の元三大師百籤が発見され、現代のような御神籤の形式や引いた御神籤を結ぶという文化が生まれたのです。

現代でも天台宗系列のお寺にて、漢詩が書かれた元三大師百籤の御神籤を楽しむ事ができますよ。

神社の御神籤には和歌が書かれているという特徴があり、神社ごとに様々な種類がありますので、参拝を終えた後に今年一年の吉凶を占って参考にしてみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る