大家の多くが遭遇しているトラブルについて

賃貸経営者向けの情報誌であるオーナーズ・スタイルを発行している会社が首都圏や関西の読者を対象にアンケートをとったところ、回答者の半数以上の397人が何らかの時健也事故に巻き込まれてs待ったとの経験があるとのことです。

長年入居している中年男性の勤務先から転勤を拒否して出社しなくなったという連絡があり、安否確認の依頼があったとのことで、警察官と男性の家に駆けつけたところ、2DKのほとんどがゴミで埋まっていたとのことでした。

ゴミ問題は賃貸経営とはなかなか切れない縁の様子で、燃えるごみやプラスチックやカンなど分別しないで、ゴミを捨てても収集されないといったトラブルも多くあるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る