交通違反の反則金を否認した場合

交通違反で検挙された場合には自信の行為にッ頃当たりがあれば、処分を受け入れることが求められますが、警察官の裁定に納得することができないケースも考えられます。

軽微な交通違反を侵したもの者に化せられる科料を反則金といいます。その販促行為についての公訴の定期が見送られる仕組みですが、反則金を支払うことによってその違反が刑事事件になることがないという話です。

反則金の支払いを拒否することによってこちらの事案が刑事事件として処理されることになりますので、略式手続きによって略式裁判となり有罪判決となってしまいますので、安易に合意するのは厳禁です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る