通行地役権について

通行に関していいますとその土地を渡らないと道路に出ることができないといった事案です。最高裁判決では通行地役権の地域が担保不動産競売により売却された場合において抵当権の設定時に継続的に使用されていることが位置、形状、構造など客観的に明らかであり、通行地役権を主張することができると発表しました。

抵当権の設定時に通行地役権が設定することが明らかであるということでした。

買受人が知っていたかではない最優先順位の抵当権の設定時に通行地域権が設定され、抵当権が認識できたというところが通行地役権を適用できるかの判断基準となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る